【寿司割烹 梅本】握りなしの特別なランチ@茨城県ひたちなか市

みなさんこんにちは、ぼっちメシ研究所のジャムです。

 

今日は月に1度の病院の日。お薬をもらいに病院に行ってきました。

さて、そんな本日のランチですが、実はすでに病院に来る前から今日のランチは寿司割烹 梅本に行こうとココロに決めています。そのお目当ては特製梅本ランチ 1,000円

いざ我は行く 寿司割烹 梅本 へ

痛風のお薬を貰ったその足で、何と大胆にも寿司屋に直行する私。

クルマを走らせると、沿道にはたくさんの人たちが集まっていました。みな日の丸の旗を振ってます。

今日は天皇陛下がひたちなか市を御訪問される日でした。茨城ゆめ国体2019の開会式御臨席のため。

だからみなさんお集りなんですね。

軽く渋滞に巻き込まれつつ、お店に到着。

時間はお店が始まる11時30分ジャスト。

お店の前が駐車場になってます。

駐車場は白線がほぼ消えていて、どこにどう停めてよいものかちょっと悩みましたが、とりあえず一番端っこによせて駐車。

ひたちなか市 梅本 暖簾

暖簾。

オーダーは特製梅本ランチ

事前にお目当てのメニューは決まってす。

しかしナゼか、メニューを見ながら検討しているふり。なんだろ、これはなんの見栄だろう。

「お決まりでしょうか?」と注文を取りに来た奥様に「あぁ、じゃぁこの特製梅本ランチをお願いします」と、ここに来てから初めてメニューを決めたようにオーダーしました。

非常に物腰柔らかで、とても上品な奥様でした。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 小上がり

小上がり。

4人掛けが2つ。目隠しをし過ぎない上品な仕切り。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 カウンター

カウンター。

奥には座敷があり、お店の中は結構広い。調べてみたところ60名分の座席があるとのこと。

8名連れのお客さんが座敷席の方に通されてました。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ

10分ほどで、注文したお料理、特製梅本ランチが運ばれてきました。

こちらのセットは握りはありません。割烹の方によせたランチ。

この内容で税込み1000yen(消費税8%込み)

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ サラダ

サラダ。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ 煮物

煮物。

コンニャク、練り物2つ。ロールキャベツ。里芋。

煮物というよりおでんかも。濃い目の味付け。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ 八寸

八寸。

鶏肉ゴボウ巻き、昆布巻き、数の子、レンコンのはさみ揚げ、玉子焼き、白花豆。カニの爪はほぼ練り物。

手前左下の数の子が特に美味しい。自家製と思われるマヨネーズ和え。数の子とマヨが新鮮。

 

天ぷら。

ピーマン、しめじ、サツマイモ、茄子、海老。

この写真だと海老は隠れちゃってますね。みんなの枕になってます。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ 天ぷら02

天ぷらは衣は厚め。カリっと感はあまりないのはちょっと残念だが、1000yenでこれだけの品ぞろえのランチ。それは望みすぎかも。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ ゴマ豆腐

胡麻豆腐。

一般的な胡麻豆腐より柔らかめの仕上がり。出汁が掛けてあるのでそのままいただけます。出汁が胡麻の風味を邪魔しない良い加減。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ みそ汁

味噌汁。もしくはアラ汁。

わかめ、豆腐、しめじ、それとたぶん鯛。

表面に散った脂を見て「アラ汁なんだなー」と思いつつ飲んでみる。あ、魚の切り身が入っているからやっぱりアラ汁だ。しかしこの魚の身にはまったく骨がない。ラッキーだな、この魚は鯛かな?とボンヤリと飲み進めると、魚の身はそれだけだった。アラは入っていない。みそ汁にわざわざ鯛の切り身だけを入れてくれている。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ 刺身

お刺身。

このランチのタンパク質の中心を担う。

私はイカが大好き。ねっとりとした食感と旨味はイカだけのもの。世間のイカに対する評価は不当に低く感じる。実に腹立たしい。その一方でマグロ、サーモンの過大評価っぷりときたら。憤懣やるかたなし。人類はもっとイカを愛するべきだ。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ ご飯

ゆかりご飯。

このお米の美味しさに心底おどろいた。腰を抜かした。

つや姫を思わせるほど粒が立った白米。米の一粒一粒がしっかりと立っていて、噛むたびに旨味が味覚のあちらこちらをくすぐる。店内の張り紙には「茨城県産コシヒカリ使用」の文字。「え、これってコシヒカリなの?」食べなれているコシヒカリ。だがそれにしちゃ美味すぎる。なんだこの旨さ。

プロが炊いた米ってのは、ここまで美味しくなるものなのか?

しかし改めてよくよくと考えてみると、数多ある飲食業の中でも、お米に関して特に強いこだわりを持って仕事をしているのは何と言っても寿司屋なのだろう。お寿司屋さんで「握り」の「酢飯」ではなく、茶碗に盛った白飯を頂いたことで、職人の懐の深さと米に対する真摯な姿勢に気づかされた。めちゃくちゃ美味い。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ 茶碗蒸し

茶碗蒸し。

かに、たけのこ、かまぼこ、銀杏。

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 特製梅本ランチ デザートの水羊羹

デザートには水羊羹。

これもたぶん自家製。甘さにくどさはなく、さっぱりとしている。食事の〆というか締めくくりとしてありがたい一品。

お茶は食前に飲んだ湯呑とは別に、新しい湯呑で持ってきてくれました。

梅本のメニュー

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 メニュー 01

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 メニュー 03.JPG

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 メニュー 02.JPG

ひたちなか市 寿司割烹 梅本 メニュー 04.JPG

なんだかカワイイ書体。

ぜひ梅本フォントとして売り出してほしい。

寿司割烹 梅本の場所はこちら

駐車場はお店の前に8台くらい。なんせ白線がナスカの地上絵ほどにも残ってないから正確なところがわからない。

割烹寿司梅本の基本情報

営業時間

 12時00分~2時00分

 17時00分~22時00分

 

※ 開店は12:00です。

 

定休日

 月曜日

 

電話

 029-272-5400

 

「ひたちなか市」e情報サイト 寿司割烹 梅本